本記事では、PC版のMT4の使い方について図解します。

 

▼アプリにてご利用の方は以下をご参照

MT4アプリの使い方一覧!

 

 

 

PC版|MT4(メタトレーダー4)の使い方

MT4の基本的なチャートの設定についてご紹介します。

 

チャートの種類を選択

推奨表示は「ローソク足チャート」になります。

<3種類のチャート表示>
  • バーチャート
  • ローソク足チャート
  • ラインチャート

MT4では3種類のチャート表示を選択することができます。

 

 

チャート表示の時間軸

MT4では表示させるチャートの時間軸を選択する事ができます。

<表示の時間軸>
  • M1:1分
  • M5:5分
  • M15:15分
  • H1:1時間
  • H4:4時間
  • D1:1日
  • W1:1週間
  • MN:1ヵ月

例)1時間に1本のロウソク足を表示させたい場合

「H1」を選択します。

 

導入する自動売買ソフトのシリーズによってチャート表示時間は異なりますので以下をご確認願います。

 

<システムによる時間足>
  • Magicシリーズ:「M5」の選択
  • LIBEROシリーズ:「M5」の選択
  • LION KINGシリーズ:「H1」の選択

※基本的には上記の設定となりますが、最終は各種マニュアルにてご確認願います。

    自動売買ソフトを起動中にローソク足の変更を行うと、正しく動作しないリスクが発生いたしますのでご注意下さいませ。

     

     

    チャートの拡大or縮小

    表示させるチャートは、『拡大または縮小』の機能があります。

    MT4上の虫眼鏡マーク(”+”もしくは”−”)をクリックしてください。

     

     

    ■同じ通貨ペア+5分足の表示例

    縮小と拡大の大きな違いは、画面最下部で表示されている期間が異なります。

     

    <表示の違いについて>
    • 縮小時:2020年8月31日から現在までの時間帯のチャートが表示
    • 拡大時:2020年9月2日の時間帯のチャートが表示

      短期間のチャートを確認したい場合は、縮小を利用することでより詳細にチャートの流れを把握することが可能です。

       

       

      シフト・オートスクロール

       

      シフト機能

      シフトとは、MT4にてチャートの少し右側に余白(空きスペース)を持たせる機能です。

      ※「余白があることでチャートが見やすい」と人気があります。

       

      空きスペースの大きさは、画面の右上に小さな三角が表示されますので、ドラッグすることでスペースの幅を調整することが可能です。

       

      オートスクロール

      オートスクロールとは、過去のチャートを振り返る場合に利用する機能となります。

      <機能の紹介>
      • ON:自動で現時刻のチャートに戻る
      • OFF:過去のチャートを遡れる

       

       

      S/L・T/Pとは?利用方法を図解!

      MT4を利用する際に、大切な資産を守る意味でも重要な機能が「S/L・T/P」となります。

      <S/Lとは?>
      • Stop Loss(ストップロス)の略称
      • 「設定したレートで損失を決済」(=損切り)

      ※ある一定額以上、損失が大きくならないようにするための「損切りに対しての逆指値注文」です。

       

      <T/Pとは?>
      • Take Profit(テイクプロフィット)の略称
      • 「設定したレートで利益を決済」(=利食い)

      ある一定額以上、損失が大きくならないようにするための「利食いに対しての指値注文」です。

      では実際にMT4にて『S/L・T/P』の入力・利用方法を2パターンご紹介します。

       

      チャート上でドラッグ

      MT4画面内にて、

      • 緑線:「保有ポジションのライン」
      • 赤線:「T/PもしくはS/Lライン」

      現在保有しているポジション(緑線)をドラッグして、T/PまたはS/Lを希望するレートで離します。

       

       

      ■T/P(Take Profit)

       

       

      ■S/L(Stop Loss)

       

       

      注文画面から入力

      <ターミナル上>
      1. 該当のポジションを右クリック
      2. S/LまたはT/Pするレートを入力

      レートを入力すると、MT4画面上で該当ポジションの番号と共に赤線で「S/LまたはT/P」のラインが表示されます。

       

       

      全通貨ペア表示方法

      MT4をPCにダウンロードした際に、取引可能な通貨ペアが表示されていないことがあります。(おもにマイナー通貨)

       

      以下の手順にて、全通貨ペアを表示させることが可能となります。

      <全通貨ペアの表示手順>
      1. 気配値表示で右クリック
      2. メニューが表示
      3. (中段部分)「すべて表示」をクリック
      4. 「ファイル」を選択
      5. 「新規チャート」にて通貨ペアを確認

      ※もし気配値が表示されていなければ、「表示」→「気配値表示」をクリックで表示させることが可能です。もしくは「Ctrl+M」のショートカット機能でも表示可能です。

      上記の作業にて全通貨ペアを表示させることが可能となります。

       

      ■表示前・表示後

       

       

       

      Gem Forexのマニュアル一覧